活動剪影
7月10日に台湾へ帰国することになった許世楷・台北駐日経済文化代表処代表(写真右)ならびに盧千恵・駐日代表夫人の送別会が、同7日、駐日代表処の代表公邸において開催された。許・駐日代表はあいさつの中で「私は駐日代表に就任し、強く感じたことは『台湾にとり最も重要なのは、台湾が国際社会の中でいかにして生存していくか』ということである。それにはこれまで政治の第一線で一貫して主張してきた台湾の国連加盟を今後も申請していくべきである」との考えを示した。この日の送別会では、4年にわたり台日友好のために多大な貢献をしてきた許・駐日代表ならびに盧・駐日代表夫人の労をねぎらい、職員から感謝の意を示す記念の寄せ書きが贈られた。(写真左は羅坤燦・駐日副代表)
駐日代表処公邸で同処の職員による許世楷・駐日代表夫妻の送別会が開催
7月10日に台湾へ帰国することになった許世楷・台北駐日経済文化代表処代表(写真右)ならびに盧千恵・駐日代表夫人の送別会が、同7日、駐日代表処の代表公邸において開催された。許・駐日代表はあいさつの中で「私は駐日代表に就任し、強く感じたことは『台湾にとり最も重要なのは、台湾が国際社会の中でいかにして生存していくか』ということである。それにはこれまで政治の第一線で一貫して主張してきた台湾の国連加盟を今後も申請していくべきである」との考えを示した。この日の送別会では、4年にわたり台日友好のために多大な貢献をしてきた許・駐日代表ならびに盧・駐日代表夫人の労をねぎらい、職員から感謝の意を示す記念の寄せ書きが贈られた。(写真左は羅坤燦・駐日副代表)