活動剪影
7月10日午前、許世楷・台北駐日経済文化代表処代表は代表処において、同処の各部門長出席の下、羅坤燦・副代表と公務引継ぎを行い、同日より新しい駐日代表が着任するまで羅駐日副代表が、代表代理として公務を行うことになった。 同式典で許駐日代表は「この4年間の任期の中で一定の成果があった。昨夜も日本の元首相をはじめ、政界関係者が多数代表処公邸を訪れてくれた。これは台日関係に対する関心がきわめて深いことを示している。今後は、羅駐日代表代理の下で台日双方の関係がさらに深まっていくものと信じている」と述べた。羅駐日代表代理は「許駐日代表は4年前の7月4日に就任し、4年と1週間目を迎えた本日、その任期が円満に終了となった。台日双方の関係は日一日と進展しており、今後は新しい駐日代表が着任するまで、私が駐日代表代理としてしっかり務めていく」と述べた。
台北駐日経済文化代表処で許世楷・駐日代表の公務引継ぎ式が行われる
7月10日午前、許世楷・台北駐日経済文化代表処代表は代表処において、同処の各部門長出席の下、羅坤燦・副代表と公務引継ぎを行い、同日より新しい駐日代表が着任するまで羅駐日副代表が、代表代理として公務を行うことになった。 同式典で許駐日代表は「この4年間の任期の中で一定の成果があった。昨夜も日本の元首相をはじめ、政界関係者が多数代表処公邸を訪れてくれた。これは台日関係に対する関心がきわめて深いことを示している。今後は、羅駐日代表代理の下で台日双方の関係がさらに深まっていくものと信じている」と述べた。羅駐日代表代理は「許駐日代表は4年前の7月4日に就任し、4年と1週間目を迎えた本日、その任期が円満に終了となった。台日双方の関係は日一日と進展しており、今後は新しい駐日代表が着任するまで、私が駐日代表代理としてしっかり務めていく」と述べた。