活動剪影
 8月8日に台湾が被災した台風8号水害への支援のため、10月15日午前、「社団法人 北海道観光振興機構」の坂本眞一・会長(写真左)ならびに加賀谷博司・管理グループ/グループマネージャー、北海道旅客鉄道㈱の明勝彦・相談役秘書が東京都港区にある台北駐日経済文化代表処を訪れ、馮寄台・駐日代表に慰問の意を述べると共に、北海道観光振興機構からの義援金200万円および寄付者の芳名録を手渡した。馮駐日代表は感謝の意を述べ、「台風8号水害では、死亡者は600人以上を超え、さらには未だ多くの行方不明者もいる。土石流被害ではビルの2・3階に相当する高さにまで埋まるほど酷いものだった」と説明した。
北海道観光振興機構が台湾の台風8号水害に義援金を贈呈
 8月8日に台湾が被災した台風8号水害への支援のため、10月15日午前、「社団法人 北海道観光振興機構」の坂本眞一・会長(写真左)ならびに加賀谷博司・管理グループ/グループマネージャー、北海道旅客鉄道㈱の明勝彦・相談役秘書が東京都港区にある台北駐日経済文化代表処を訪れ、馮寄台・駐日代表に慰問の意を述べると共に、北海道観光振興機構からの義援金200万円および寄付者の芳名録を手渡した。馮駐日代表は感謝の意を述べ、「台風8号水害では、死亡者は600人以上を超え、さらには未だ多くの行方不明者もいる。土石流被害ではビルの2・3階に相当する高さにまで埋まるほど酷いものだった」と説明した。