活動剪影
 09年11月26日に「第57期囲碁王座戦」第3局で挑戦者の山田規三生・九段を3連勝で破り、2連覇を果たした張栩・王座の「第57期王座」就位式ならびに祝賀パーティーが、10年2月10日、日本経済新聞社、日本棋院、関西棋院の主催により都内のホテルで盛大に開催された。来賓代表としてあいさつした台北駐日経済文化代表処の馮寄台・駐日代表は「張栩さんの日本での活躍ぶりは台湾と日本の文化交流の具体的成果の1つである。幼い時に来日し、林海峰先生の門下に入り、コツコツと努力されてこられ、張栩さんはまさに台日友好の架け橋の象徴である」と述べた。張栩・王座は、「通算5期のタイトル獲得で、さらには記念すべき30個目のタイトル獲得だった。30歳までに何としても達成したかったこの目標が誕生日の1カ月前に達成でき嬉しかった」と喜びを語った。
2連覇を果たした張栩王座の第57期就位式が盛大に開催
 09年11月26日に「第57期囲碁王座戦」第3局で挑戦者の山田規三生・九段を3連勝で破り、2連覇を果たした張栩・王座の「第57期王座」就位式ならびに祝賀パーティーが、10年2月10日、日本経済新聞社、日本棋院、関西棋院の主催により都内のホテルで盛大に開催された。来賓代表としてあいさつした台北駐日経済文化代表処の馮寄台・駐日代表は「張栩さんの日本での活躍ぶりは台湾と日本の文化交流の具体的成果の1つである。幼い時に来日し、林海峰先生の門下に入り、コツコツと努力されてこられ、張栩さんはまさに台日友好の架け橋の象徴である」と述べた。張栩・王座は、「通算5期のタイトル獲得で、さらには記念すべき30個目のタイトル獲得だった。30歳までに何としても達成したかったこの目標が誕生日の1カ月前に達成でき嬉しかった」と喜びを語った。