活動剪影
 9月19日~同21日に東京で開催される「第15回 APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)」出席のため、台湾から行政院労工委員会の王如玄・主任委員(閣僚級)を団長とする代表団の第一陣が、開催前日の18日に来日した。代表団一行は同夜、台北駐日経済文化代表処の馮寄台・代表が主催する歓迎会に出席した。歓迎会のあいさつの中で、馮駐日代表は「台湾は1972年に国連から脱退後、APECは台湾の重要な国際的活動の場の1つとなっている。今年日本で開催される同会合出席のため、台湾からは経済部、交通部など各大臣が代表団を伴い来日しており、相互交流はきわめて順調に行われた」と報告した。王・主任委員は、「今回のWLNの出席者の多くは女性であり、会議において相互に意思疎通を図り学び合うものであり、雰囲気は和やかなものがある」と述べた。
「APEC女性リーダーズネットワーク」に出席の王如玄・労工委員会主任委員ら台湾の代表団が来日
 9月19日~同21日に東京で開催される「第15回 APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)」出席のため、台湾から行政院労工委員会の王如玄・主任委員(閣僚級)を団長とする代表団の第一陣が、開催前日の18日に来日した。代表団一行は同夜、台北駐日経済文化代表処の馮寄台・代表が主催する歓迎会に出席した。歓迎会のあいさつの中で、馮駐日代表は「台湾は1972年に国連から脱退後、APECは台湾の重要な国際的活動の場の1つとなっている。今年日本で開催される同会合出席のため、台湾からは経済部、交通部など各大臣が代表団を伴い来日しており、相互交流はきわめて順調に行われた」と報告した。王・主任委員は、「今回のWLNの出席者の多くは女性であり、会議において相互に意思疎通を図り学び合うものであり、雰囲気は和やかなものがある」と述べた。