活動剪影
戦後来日し、横浜でビジネスを営むかたわら、日本における中華民国の華僑界のために多大なる貢献を果たしている李海天氏の米寿(88歳)の祝宴が、6月6日、横浜中華街にあるローズホテルで李氏の2人のご子息である宏道氏および宏為氏の主催で開催された。当日は、僑務委員会の薛盛華・副委員長が台湾から駆けつけ出席し、台北駐日経済文化代表処からは馮寄台・代表、駐日代表処横浜分処の李明宗・処長が出席したほか、日本の華僑界のリーダーたちも数多く招かれ、会場は100名近くの招待客が出席する中で、盛大な祝宴となった。馮・駐日代表は祝辞の中で、「私は駐日代表として着任したばかりの頃は緊張していたが、華僑界の活動に出席し、李海天先生が壇上で毎回、我々の政府を支持されるあいさつを聞くうちに、自分も自信を持つようになった。李先生には今後も引続き政府および華僑界を支持していただくよう願っている」と述べた。
李海天氏の米寿の祝宴が横浜で盛大に開催
戦後来日し、横浜でビジネスを営むかたわら、日本における中華民国の華僑界のために多大なる貢献を果たしている李海天氏の米寿(88歳)の祝宴が、6月6日、横浜中華街にあるローズホテルで李氏の2人のご子息である宏道氏および宏為氏の主催で開催された。当日は、僑務委員会の薛盛華・副委員長が台湾から駆けつけ出席し、台北駐日経済文化代表処からは馮寄台・代表、駐日代表処横浜分処の李明宗・処長が出席したほか、日本の華僑界のリーダーたちも数多く招かれ、会場は100名近くの招待客が出席する中で、盛大な祝宴となった。馮・駐日代表は祝辞の中で、「私は駐日代表として着任したばかりの頃は緊張していたが、華僑界の活動に出席し、李海天先生が壇上で毎回、我々の政府を支持されるあいさつを聞くうちに、自分も自信を持つようになった。李先生には今後も引続き政府および華僑界を支持していただくよう願っている」と述べた。