活動剪影
 9月10日、日台関係研究会が主催した『辛亥革命100年と日本―台湾で開花した中華民国』と題する講演会が東京市ヶ谷にあるアルカディア市ヶ谷で開催された。この日の講演会には、台北駐日経済文化代表処の陳調和・副代表も出席し、祝辞の中で、「孫文が100年前に清朝を倒し、中華民国を樹立した歴史を顧みると、わが国は建国以来、今日に至るまで平坦な道のりではなかったが、台湾は孫文の理想を継承し、自由、民主、人権を追求しながら、国家の繁栄と発展に努めてきた。この100年間の中華民国の歴史と台日関係の歴史の真実を再認識することは意義のあることだ」と述べた。
日台関係研究会が「辛亥革命100年と日本」の講演会を開催
 9月10日、日台関係研究会が主催した『辛亥革命100年と日本―台湾で開花した中華民国』と題する講演会が東京市ヶ谷にあるアルカディア市ヶ谷で開催された。この日の講演会には、台北駐日経済文化代表処の陳調和・副代表も出席し、祝辞の中で、「孫文が100年前に清朝を倒し、中華民国を樹立した歴史を顧みると、わが国は建国以来、今日に至るまで平坦な道のりではなかったが、台湾は孫文の理想を継承し、自由、民主、人権を追求しながら、国家の繁栄と発展に努めてきた。この100年間の中華民国の歴史と台日関係の歴史の真実を再認識することは意義のあることだ」と述べた。