活動剪影
中華民国建国100周年を記念した「台日文化交流コンサート」が、9月12日に東京の浅草公会堂で開催された。同コンサートは、世界華人工商婦女企管協会が主催し、山梨台湾総会と台湾新聞の共催、台北駐日経済文化代表処(以下、駐日代表処)、台北駐大阪経済文化弁事処、北陸中日新聞、石川テレビ、北陸中日新聞社会事業団、亜東関係協会が後援したもの。同コンサートでは、開会にあたり、駐日代表処の羅坤燦・副代表が祝辞を述べ、その中で「中華民国の100年間において、日本との関係はきわめて緊密であった。特に、台湾に移り、その後の断交後においても台日間の民間交流は、非常に緊密で盛んである」と強調した。
中華民国建国100年記念の台日文化交流コンサートが東京で開催
中華民国建国100周年を記念した「台日文化交流コンサート」が、9月12日に東京の浅草公会堂で開催された。同コンサートは、世界華人工商婦女企管協会が主催し、山梨台湾総会と台湾新聞の共催、台北駐日経済文化代表処(以下、駐日代表処)、台北駐大阪経済文化弁事処、北陸中日新聞、石川テレビ、北陸中日新聞社会事業団、亜東関係協会が後援したもの。同コンサートでは、開会にあたり、駐日代表処の羅坤燦・副代表が祝辞を述べ、その中で「中華民国の100年間において、日本との関係はきわめて緊密であった。特に、台湾に移り、その後の断交後においても台日間の民間交流は、非常に緊密で盛んである」と強調した。