活動剪影
台湾の行政院衛生署と外交部により組織される「TaiwanIHA(台湾国際医療行動チーム)」は、スリランカで実施している医療活動を支援するため、日本最大規模の対外医療支援NGOである特定非営利活動法人アムダ(AMDA、The Association of Medical Doctors of Asia)に医療器材を寄贈した。その贈呈式が4月18日、東京・白金台の台北駐日経済文化代表処で行われ、羅坤燦・駐日副代表(右)から菅波茂・アムダ理事長(左)に高圧滅菌器(オートクレーブ)1台と白内障手術用ハンドピース2セットの医療器材の贈呈目録が手渡された。羅副代表は、「TaiwanIHA」と「AMDA」が2011年8月にスリランカで白内障手術の医療ボランティア支援を実施した経緯を説明し、AMDAとの協力を通した医療支援の広がりに期待を示した。
台湾IHAから日本AMDAに医療器材を寄贈
台湾の行政院衛生署と外交部により組織される「TaiwanIHA(台湾国際医療行動チーム)」は、スリランカで実施している医療活動を支援するため、日本最大規模の対外医療支援NGOである特定非営利活動法人アムダ(AMDA、The Association of Medical Doctors of Asia)に医療器材を寄贈した。その贈呈式が4月18日、東京・白金台の台北駐日経済文化代表処で行われ、羅坤燦・駐日副代表(右)から菅波茂・アムダ理事長(左)に高圧滅菌器(オートクレーブ)1台と白内障手術用ハンドピース2セットの医療器材の贈呈目録が手渡された。羅副代表は、「TaiwanIHA」と「AMDA」が2011年8月にスリランカで白内障手術の医療ボランティア支援を実施した経緯を説明し、AMDAとの協力を通した医療支援の広がりに期待を示した。