活動剪影
東京都台東区の「上野の森美術館」で6月20日、台湾の画家・張耀煌(チャン・ヤオファン)さん(写真右)の「百面相」個展オープニングパーティーが開かれた。 同パーティーには台北駐日経済文化代表処の沈斯淳・駐日代表の代理として羅坤燦・駐日副代表(左)が出席し、祝辞を述べた。羅副代表は、張耀煌さんが素晴らしい画家であると同時に、成功した企業家であることに敬意を示し、「その作品は人間の驚き、悲しみ、怒り、喜びなど顔の表情がよく表現されている」と述べ、個展の成功を祝福するとともに、今後ますます台日芸術交流が深まり、より多くの台湾の芸術家が日本で作品を展示できるよう期待を示した。
上野の森美術館で張耀煌「百面相」個展開催
東京都台東区の「上野の森美術館」で6月20日、台湾の画家・張耀煌(チャン・ヤオファン)さん(写真右)の「百面相」個展オープニングパーティーが開かれた。 同パーティーには台北駐日経済文化代表処の沈斯淳・駐日代表の代理として羅坤燦・駐日副代表(左)が出席し、祝辞を述べた。羅副代表は、張耀煌さんが素晴らしい画家であると同時に、成功した企業家であることに敬意を示し、「その作品は人間の驚き、悲しみ、怒り、喜びなど顔の表情がよく表現されている」と述べ、個展の成功を祝福するとともに、今後ますます台日芸術交流が深まり、より多くの台湾の芸術家が日本で作品を展示できるよう期待を示した。