活動剪影
7月11日午前、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表(写真右3)は、東京多摩市にあるスーパー「京王ストア聖蹟桜ヶ丘店」を訪れ、京王ストアの川瀬明伸・取締役社長(右1)をはじめ同社の関係者、輸入業者らと共に、台湾産の愛文(アーウィン)マンゴーの販売促進イベントに出席した。イベントであいさつした羅・副代表は、「台湾は農業技術の進歩により、安心、安全、ハイクオリティでおいしいマンゴーを生産している。台湾マンゴーを日本で販売できることはきわめて嬉しいことである。マンゴーは栄養があり、ビタミンも豊富で健康にも良い」とアピールした。イベントでは特別に、マンゴー購入者に感謝をこめて、台湾産の観葉植物が一人一人にプレゼントされた。
羅坤燦・駐日副代表が都内のスーパーで台湾マンゴーをアピール
7月11日午前、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表(写真右3)は、東京多摩市にあるスーパー「京王ストア聖蹟桜ヶ丘店」を訪れ、京王ストアの川瀬明伸・取締役社長(右1)をはじめ同社の関係者、輸入業者らと共に、台湾産の愛文(アーウィン)マンゴーの販売促進イベントに出席した。イベントであいさつした羅・副代表は、「台湾は農業技術の進歩により、安心、安全、ハイクオリティでおいしいマンゴーを生産している。台湾マンゴーを日本で販売できることはきわめて嬉しいことである。マンゴーは栄養があり、ビタミンも豊富で健康にも良い」とアピールした。イベントでは特別に、マンゴー購入者に感謝をこめて、台湾産の観葉植物が一人一人にプレゼントされた。