活動剪影
台湾出身の囲碁棋士、謝依旻・女流三冠(写真左)の「第16期ドコモ杯女流棋聖就位式」および就位記念パーティーが3月27日夜、都内のホテルにおいて、㈱NTTドコモおよび(公財)日本棋院の主催で盛大に開催された。同夜の就位式では、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表(同右)が来賓を代表してあいさつし、「謝さんのここ数年の活躍は目を見張るものがある。これは多くの天分と囲碁に対するご自身の情熱と努力によるものである。謝さんこの輝かしい業績は、台湾と日本の緊密な交流の成果と言える」と述べた。謝・女流棋聖は謝辞の中で、「棋聖のタイトルをとれ、三冠に戻り嬉しい。4月から世界戦で2つの団体戦があるので、そこで良い成績を残すことができるよう頑張りたい」と抱負を述べた。
再び女流三冠となった謝依旻・女流棋聖の就位式が盛大に開催
台湾出身の囲碁棋士、謝依旻・女流三冠(写真左)の「第16期ドコモ杯女流棋聖就位式」および就位記念パーティーが3月27日夜、都内のホテルにおいて、㈱NTTドコモおよび(公財)日本棋院の主催で盛大に開催された。同夜の就位式では、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表(同右)が来賓を代表してあいさつし、「謝さんのここ数年の活躍は目を見張るものがある。これは多くの天分と囲碁に対するご自身の情熱と努力によるものである。謝さんこの輝かしい業績は、台湾と日本の緊密な交流の成果と言える」と述べた。謝・女流棋聖は謝辞の中で、「棋聖のタイトルをとれ、三冠に戻り嬉しい。4月から世界戦で2つの団体戦があるので、そこで良い成績を残すことができるよう頑張りたい」と抱負を述べた。