活動剪影
行政院国家科学委員会(国科会)は11月6日、東京都内で「海外展開・台湾進出説明会 台湾中部・南部サイエンスパーク投資環境のご紹介」と題する投資説明会を開催した。同説明会には、来日した国科会の孫以瀚・副主任委員(写真)および賀陳弘・副主任委員、中部サイエンスパークと南部サイエンスパークの各管理局の各関係者らが出席し、台北駐日経済文化代表処からも沈斯淳・代表が出席した。当日のプログラムは2部形式で開催され、第1部の説明会の冒頭では、主催者を代表して国科会の孫・副主任委員があいさつし、「台湾のサイエンスパークは設立されてからすでに30年余の歴史があり、台湾の経済発展、技術のグレードアップ面において重要な役割を果たしてきた。台湾と日本は一貫して重要な提携パートナー関係にあり、アジア地域の激しい市場競争の中では、台湾と日本との提携は重要であると考えている。本日の説明会を通して、台湾の投資環境を理解し、大いに関心を持ち、投資していただきたい」とアピールした。
国家科学委員会主催の「台湾中部・南部サイエンスパーク投資環境」説明会が東京で開催 ①
行政院国家科学委員会(国科会)は11月6日、東京都内で「海外展開・台湾進出説明会 台湾中部・南部サイエンスパーク投資環境のご紹介」と題する投資説明会を開催した。同説明会には、来日した国科会の孫以瀚・副主任委員(写真)および賀陳弘・副主任委員、中部サイエンスパークと南部サイエンスパークの各管理局の各関係者らが出席し、台北駐日経済文化代表処からも沈斯淳・代表が出席した。当日のプログラムは2部形式で開催され、第1部の説明会の冒頭では、主催者を代表して国科会の孫・副主任委員があいさつし、「台湾のサイエンスパークは設立されてからすでに30年余の歴史があり、台湾の経済発展、技術のグレードアップ面において重要な役割を果たしてきた。台湾と日本は一貫して重要な提携パートナー関係にあり、アジア地域の激しい市場競争の中では、台湾と日本との提携は重要であると考えている。本日の説明会を通して、台湾の投資環境を理解し、大いに関心を持ち、投資していただきたい」とアピールした。