活動剪影
第9回「大阪アジアン映画祭」が3月7日~同16日の会期でスタートした。同映画祭のオープニングを飾る作品には、戦前の嘉義農林野球チームの甲子園出場を描いた台湾映画「KANO」が特別招待作品として選ばれた。7日午後、大阪ステーションシティ「時空の広場」で、同映画祭の上映映画関係者らがレッドカーペットを歩くイベント、「アジアンスターフェスティバル」が開かれ、「KANO」の馬志翔監督、プロデューサーの魏徳聖さん、出演俳優の永瀬正敏さん、坂井真紀さんらが正装して登場し、大きな歓迎を受けた。同イベントには台北駐日経済文化代表処(駐日代表処)の沈斯淳・代表夫妻(前列左2と1)、大阪経済文化弁事処の蔡明耀・処長(後列左3)、朱文清・駐日代表処文化センター長(後列左1)が参加し、台湾からは映画の舞台となった嘉義の黄敏恵・市長(前列右1)も駆けつけた。松井一郎・大阪府知事(前列右2)、同映画の顧問として参加した王貞治さん(前列右3)も出席した。
大阪アジアン映画祭特別招待作品「KANO」のオープニングイベントに王貞治さんらが参加
第9回「大阪アジアン映画祭」が3月7日~同16日の会期でスタートした。同映画祭のオープニングを飾る作品には、戦前の嘉義農林野球チームの甲子園出場を描いた台湾映画「KANO」が特別招待作品として選ばれた。7日午後、大阪ステーションシティ「時空の広場」で、同映画祭の上映映画関係者らがレッドカーペットを歩くイベント、「アジアンスターフェスティバル」が開かれ、「KANO」の馬志翔監督、プロデューサーの魏徳聖さん、出演俳優の永瀬正敏さん、坂井真紀さんらが正装して登場し、大きな歓迎を受けた。同イベントには台北駐日経済文化代表処(駐日代表処)の沈斯淳・代表夫妻(前列左2と1)、大阪経済文化弁事処の蔡明耀・処長(後列左3)、朱文清・駐日代表処文化センター長(後列左1)が参加し、台湾からは映画の舞台となった嘉義の黄敏恵・市長(前列右1)も駆けつけた。松井一郎・大阪府知事(前列右2)、同映画の顧問として参加した王貞治さん(前列右3)も出席した。