活動剪影
中華民国(台湾)における著名な政治家の1人であり、書家として「当代の草聖」とも謳われた于右任の没後50周年を記念し、「于右任回顧展」が4月23日~同27日の会期で、東京・池袋の東京芸術劇場展示ギャラリーにおいて、台北駐日経済文化代表処(駐日代表処)、文化部(文化省)・国立歴史博物館、日本の美術新聞社の共同主催により開催されている。23日には、同展会場入口で開幕式が開かれ、出席した沈斯淳・駐日代表はあいさつの中で、「同展を通して、日本の方々に台湾で守り伝えられてきた書道芸術についての理解を深めていただき、互いに切磋琢磨して書道芸術交流を増進し、台日文化交流がより一層深く、緊密になることを祈念している」と述べた。各関係者のあいさつの後、沈・駐日代表(写真左4)、両岸海峡文化資産交流促進会の王水衷・名誉理事長(左5)、張炳煌・淡江大学教授(左6)、李維祥・東京華僑総会会長(左2)、小松道彦・交流協会総務部長(左3)らによりテープカットが行われた。
没後50周年を記念し、当代の書聖「于右任回顧展」が東京の池袋で盛大に開催
中華民国(台湾)における著名な政治家の1人であり、書家として「当代の草聖」とも謳われた于右任の没後50周年を記念し、「于右任回顧展」が4月23日~同27日の会期で、東京・池袋の東京芸術劇場展示ギャラリーにおいて、台北駐日経済文化代表処(駐日代表処)、文化部(文化省)・国立歴史博物館、日本の美術新聞社の共同主催により開催されている。23日には、同展会場入口で開幕式が開かれ、出席した沈斯淳・駐日代表はあいさつの中で、「同展を通して、日本の方々に台湾で守り伝えられてきた書道芸術についての理解を深めていただき、互いに切磋琢磨して書道芸術交流を増進し、台日文化交流がより一層深く、緊密になることを祈念している」と述べた。各関係者のあいさつの後、沈・駐日代表(写真左4)、両岸海峡文化資産交流促進会の王水衷・名誉理事長(左5)、張炳煌・淡江大学教授(左6)、李維祥・東京華僑総会会長(左2)、小松道彦・交流協会総務部長(左3)らによりテープカットが行われた。