活動剪影
近年、学校交流を深めている台湾の台北市立第一女子高級中学(以下、北一女)の張碧娟・校長(左6)および日本のお茶の水女子大学附属高等学校の村田容常・校長(左7)ら一行が5月28日、東京・白金台の台北駐日経済文化代表処を訪問し、沈斯淳・駐日代表(左8)が一行を歓迎した。ション協会の田代實範・理事長およびその関係者、日本在住の北一女の卒業生らが、沈斯淳・駐日代表および北一女卒業生である林則媛・駐日代表夫人(右5)を訪ねた。沈代表は「台日間の学校交流が密接に行われていることを嬉しく思う。双方の青少年交流は台日関係の永続的発展のために非常に大切な基礎となるものであることから、今後も継続されていくことを期待している」と挨拶した。
学校交流深める北一女とお茶の水大附属高校の校長が駐日代表処を訪問①
近年、学校交流を深めている台湾の台北市立第一女子高級中学(以下、北一女)の張碧娟・校長(左6)および日本のお茶の水女子大学附属高等学校の村田容常・校長(左7)ら一行が5月28日、東京・白金台の台北駐日経済文化代表処を訪問し、沈斯淳・駐日代表(左8)が一行を歓迎した。ション協会の田代實範・理事長およびその関係者、日本在住の北一女の卒業生らが、沈斯淳・駐日代表および北一女卒業生である林則媛・駐日代表夫人(右5)を訪ねた。沈代表は「台日間の学校交流が密接に行われていることを嬉しく思う。双方の青少年交流は台日関係の永続的発展のために非常に大切な基礎となるものであることから、今後も継続されていくことを期待している」と挨拶した。