活動剪影
6月24日、「台北 國立故宮博物院―神品至宝」展が、東京・上野の「東京国立博物館」において一般公開が始まった。国立故宮博物院(以下、故宮)と台北駐日経済文化代表処(以下、駐日代表処)は、同展開催に尽力された各界関係者らを招き、レセプションを開催した。馮明珠・故宮院長(写真)はあいさつの中で、「『台北 國立故宮博物院―神品至宝』展の開催は、中華民国と日本の間におけるきわめて重要な文化交流である」と述べた。さらに、「日本の議員各位、とりわけ平沼会長をはじめとする日華懇の議員各位による尽力で『海外美術品等公開促進法』が法制化されたことにより、30年余にわたり多く人々が待ち望んでいた同展開催が実現されることとなった。我々は文化の力を活かして、中華民国と日本との友好関係が末永く深まっていくよう願っている」と述べた。沈・駐日代表もあいさつの冒頭で、「本日は歴史的に台日文化交流における最も意義のある一日となった」と強調し、同展が日本で開催されたことにより、台日関係の交流がさらに広がり、より一層深まるよう期待している」と述べた。
「台北 國立故宮博物院―神品至宝」展の祝賀レセプションが開催
6月24日、「台北 國立故宮博物院―神品至宝」展が、東京・上野の「東京国立博物館」において一般公開が始まった。国立故宮博物院(以下、故宮)と台北駐日経済文化代表処(以下、駐日代表処)は、同展開催に尽力された各界関係者らを招き、レセプションを開催した。馮明珠・故宮院長(写真)はあいさつの中で、「『台北 國立故宮博物院―神品至宝』展の開催は、中華民国と日本の間におけるきわめて重要な文化交流である」と述べた。さらに、「日本の議員各位、とりわけ平沼会長をはじめとする日華懇の議員各位による尽力で『海外美術品等公開促進法』が法制化されたことにより、30年余にわたり多く人々が待ち望んでいた同展開催が実現されることとなった。我々は文化の力を活かして、中華民国と日本との友好関係が末永く深まっていくよう願っている」と述べた。沈・駐日代表もあいさつの冒頭で、「本日は歴史的に台日文化交流における最も意義のある一日となった」と強調し、同展が日本で開催されたことにより、台日関係の交流がさらに広がり、より一層深まるよう期待している」と述べた。