活動剪影
10月27日夜、台北市政府の主催による「タイペイ・ナイト」(Taipei Night)が東京・青海で開催され、来日した台北市文化局の林慧芬・副局長(写真左2)、台湾デザインセンターの陳文龍CEO(左1)をはじめ、WDCチーム関係者らが来場客を迎えた。同夜の催しは、2016年に台北市で開催予定の「ワールド・デザイン・キャピタル台北 2016」(WDC TAIPEI 2016)をPRすると共に、台日クリエイティブ産業界の交流促進を図るために開催された。林・副局長はあいさつの中で、「我々はデザインの力を借りて、台北市をより一層住みやすい都市にしていきたい」とアピールした。余吉政・台北駐日経済文化代表処副代表(右1)は、「『WDC TAIPEI 2016』は、台湾の各種デザインを紹介する上で、大いにプラスとなり、このイベントを通して日本をはじめとする海外のデザイン業界の傾向なども知ることができる機会になるであろう」と述べた。
「ワールド・デザイン・キャピタル台北2016」のPRイベントが東京で開催
10月27日夜、台北市政府の主催による「タイペイ・ナイト」(Taipei Night)が東京・青海で開催され、来日した台北市文化局の林慧芬・副局長(写真左2)、台湾デザインセンターの陳文龍CEO(左1)をはじめ、WDCチーム関係者らが来場客を迎えた。同夜の催しは、2016年に台北市で開催予定の「ワールド・デザイン・キャピタル台北 2016」(WDC TAIPEI 2016)をPRすると共に、台日クリエイティブ産業界の交流促進を図るために開催された。林・副局長はあいさつの中で、「我々はデザインの力を借りて、台北市をより一層住みやすい都市にしていきたい」とアピールした。余吉政・台北駐日経済文化代表処副代表(右1)は、「『WDC TAIPEI 2016』は、台湾の各種デザインを紹介する上で、大いにプラスとなり、このイベントを通して日本をはじめとする海外のデザイン業界の傾向なども知ることができる機会になるであろう」と述べた。