活動剪影
 今年で25回目の開催となる「世界らん展日本大賞2015」が、東京・文京区にある東京ドームにおいて、2月14日(土)~同22日(日)の9日間の会期で開催されている。今年も同展に台湾から多くの作品が出品されたほか、台湾の蘭栽培業者5社も例年同様、会場にブースを設けて出展した。13日には内覧会が開かれ、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳・代表(写真右2)は夫人と共に会場を訪れ、台湾の業者の出展ブースを1つ1つ訪れ、激励と労いの言葉をかけて回った。沈・駐日代表は、「台湾の蘭は美しく、東京で開催されるこの蘭展に台湾の蘭栽培業者が毎年出展していることは喜ばしい限りである。このような場は、台湾の蘭の美しさや、台湾の蘭栽培における特別な技術を参観者に紹介できる良い機会だ」と強調した。また、「台湾の業者が毎年出展することにより、台湾の蘭の知名度が日本の方々にますます高まってきており、今後もさらに高まるであろう。台湾は2020年に『世界蘭会議』(23rd World Orchid Conference, WOC)の開催を予定しており、台湾の蘭は世界各地に普及していくものと確信している」と述べた。写真左1は台湾蘭花産銷発展協会の高紀清・理事長
「世界らん展日本大賞」に今年も台湾の業者が出展、沈斯淳・駐日代表も会場を訪問
今年で25回目の開催となる「世界らん展日本大賞2015」が、東京・文京区にある東京ドームにおいて、2月14日(土)~同22日(日)の9日間の会期で開催されている。今年も同展に台湾から多くの作品が出品されたほか、台湾の蘭栽培業者5社も例年同様、会場にブースを設けて出展した。13日には内覧会が開かれ、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳・代表(写真右2)は夫人と共に会場を訪れ、台湾の業者の出展ブースを1つ1つ訪れ、激励と労いの言葉をかけて回った。沈・駐日代表は、「台湾の蘭は美しく、東京で開催されるこの蘭展に台湾の蘭栽培業者が毎年出展していることは喜ばしい限りである。このような場は、台湾の蘭の美しさや、台湾の蘭栽培における特別な技術を参観者に紹介できる良い機会だ」と強調した。また、「台湾の業者が毎年出展することにより、台湾の蘭の知名度が日本の方々にますます高まってきており、今後もさらに高まるであろう。台湾は2020年に『世界蘭会議』(23rd World Orchid Conference, WOC)の開催を予定しており、台湾の蘭は世界各地に普及していくものと確信している」と述べた。写真左1は台湾蘭花産銷発展協会の高紀清・理事長