活動剪影
7月3日、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表(写真左)は、東京の多摩市、聖蹟桜ヶ丘駅に直結している京王ストア桜ヶ丘店で行われた第6回「台湾マンゴーフェア」に㈱京王ストアの川瀬明伸・代表取締役社長(同右)、同社の関係者、マンゴーの輸入業者らと共に出席し、トップセールスを行った。羅・副代表は、同イベントのあいさつの中で、「台湾マンゴーは安全で安心しておいしく召し上がっていただけるもの。今年は特にマンゴー生産地の気候が順調だったことから、糖度が非常に高く、12~15度のものができた。台湾と日本は地理的に非常に近いところにあるので、台湾マンゴーを召し上がった後に、ぜひ台湾に観光へお越し下さい」とアピールした。
羅坤燦・駐日副代表が多摩市内のスーパーで台湾マンゴーをトップセールス 2013年7月
7月3日、台北駐日経済文化代表処の羅坤燦・副代表(写真左)は、東京の多摩市、聖蹟桜ヶ丘駅に直結している京王ストア桜ヶ丘店で行われた第6回「台湾マンゴーフェア」に㈱京王ストアの川瀬明伸・代表取締役社長(同右)、同社の関係者、マンゴーの輸入業者らと共に出席し、トップセールスを行った。羅・副代表は、同イベントのあいさつの中で、「台湾マンゴーは安全で安心しておいしく召し上がっていただけるもの。今年は特にマンゴー生産地の気候が順調だったことから、糖度が非常に高く、12~15度のものができた。台湾と日本は地理的に非常に近いところにあるので、台湾マンゴーを召し上がった後に、ぜひ台湾に観光へお越し下さい」とアピールした。