活動剪影
台湾の観光大使、羅志祥(ショウ・ルオ、写真右4)さんが9月13日に、東京スカイツリータウンのスカイアリーナ特設ステージで、「再会TAIWAN in 東京」と題し、台湾観光をアピールする記者発表会とファンミーティングを行った。この日、ショウ・ルオさんのファン約200名が手作りのうちわやボードなどさまざまな応援グッズを片手に参加した。また、台湾からは楊秋興・行政院政務委員(右7)、陳建宇・交通部常務次長(右6)、謝謂君・交通部観光局長(右5)、頼瑟珍・台湾観光協会会長らが、台北駐日代表処からは沈斯淳・代表(左4)が出席した。沈・駐日代表はあいさつの中で、「2012年11月に台日間で締結した『航空自由化協定(オープンスカイ)』により、台湾と日本の地方空港間の定期路線が次々と開設され、昨年の双方の往来者数が300万人近くに達した。今年も順調に推移しており、今年は300万人突破ができる見通しである。今後、台日間の交流がさらに緊密になるものと確信している」と述べた。
台湾の観光大使、ショウ・ルオさんが東京で記者発表会とファンミーティングを開催
台湾の観光大使、羅志祥(ショウ・ルオ、写真右4)さんが9月13日に、東京スカイツリータウンのスカイアリーナ特設ステージで、「再会TAIWAN in 東京」と題し、台湾観光をアピールする記者発表会とファンミーティングを行った。この日、ショウ・ルオさんのファン約200名が手作りのうちわやボードなどさまざまな応援グッズを片手に参加した。また、台湾からは楊秋興・行政院政務委員(右7)、陳建宇・交通部常務次長(右6)、謝謂君・交通部観光局長(右5)、頼瑟珍・台湾観光協会会長らが、台北駐日代表処からは沈斯淳・代表(左4)が出席した。沈・駐日代表はあいさつの中で、「2012年11月に台日間で締結した『航空自由化協定(オープンスカイ)』により、台湾と日本の地方空港間の定期路線が次々と開設され、昨年の双方の往来者数が300万人近くに達した。今年も順調に推移しており、今年は300万人突破ができる見通しである。今後、台日間の交流がさらに緊密になるものと確信している」と述べた。