蔡総統、「客家ロマンチック街道」計画2017年始動

蔡総統、「客家ロマンチック街道」計画2017年始動

 蔡英文総統は16日、「台北客家義民カーニバル」の開幕式に出席し、ドラを鳴らしてイベントの開催を宣言した。蔡総統は、「台湾北部・台北市と台湾南部・屏東県を結ぶ省道『台3線』を、国家レベルの『客家(ハッカ、台湾第二のエスニックグループ)ロマンチック街道』として整備することは、政府の非常に重要な施政の一つだ。2017年より全面的に計画がスタートする。各省庁や地方自治体の力を集結させたい」と述べた。

 蔡総統はまた、「『客家ロマンチック街道』計画は一つの始まりにすぎない。それに続いて、台湾南部・屏東県六堆や台湾東部の花蓮県、南東部の台東県などの各地でも、客家文化の振興に力を入れていきたい」と述べた。

 蔡総統は、「客家文化の復興は必ず成し遂げなければならない」と強調。「これはわたしが総統として、客家人として、台湾の多元的文化の発展と、客家文化の継承のためになすべき非常に重要な任務だからだ」とその理由を語った。また、「みなさんの支持があってこそ、この任務を成し遂げ、よい成果を出すことができる。みなさんの参与が非常に重要なパワーになる」として、今後も引き続き努力していこうと呼び掛けた。

Taiwan Today:2016年10月17日

写真提供:中央社
 総統府前の凱達格蘭(ケタガラン)大道で16日、「台北客家義民カーニバル」が行われた。台湾各地や世界各国から4,000人以上が集まった。蔡総統は、「台湾北部・台北市と台湾南部・屏東県を結ぶ省道『台3線』を、国家レベルの『客家(ハッカ、台湾第二のエスニックグループ)ロマンチック街道』として整備することは、政府の非常に重要な施政の一つだ。2017年より全面的に計画がスタートする。各省庁や地方自治体の力を集結させたい」と述べた