謝長廷・駐日代表が「TIFFCOM」台湾コンテンツ業者の記者会見に出席

謝長廷・駐日代表が「TIFFCOM」台湾コンテンツ業者の記者会見に出席

2018年10月23日 謝長廷・駐日代表が「TIFFCOM」台湾パビリオンの記者会見に出席
謝長廷・駐日代表(前列左5)、「台湾テレビドラマ制作産業連合総会(台湾電視劇製作産業聯合総会)」の林錫輝会長(前列右2)、出展業者ら

181023l
林会長の案内で台湾パビリオンを回る謝・駐日代表

181023m
女優の林予晞(アリソン・リン)さん

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は10月23日、東京・池袋のサンシャインシティ・コンベンションセンターで開催されているコンテンツ国際見本市「TIFFCOM」の台湾パビリオンを訪れ、同パビリオンで行われた台湾業者による記者会見に出席した。あいさつの中で、「台湾から同展への出展業者数は毎年増えており、これは台湾のコンテンツ業者が国際化を目指していることを表している。出展作品の内容も豊富で多様性があり、台湾の文化パワーを代表している」とアピールした。

 今年の台湾パビリオンは、「台湾テレビドラマ制作産業連合総会(台湾電視劇製作産業聯合総会)」の林錫輝会長をトップに、台湾のコンテンツ業者39社により組織された代表団により、テレビドラマ、映画、アニメ、ドキュメンタリーなど100近い作品が展示・紹介されている。記者会見では、台湾から駆けつけた女優の林予晞(アリソン・リン)さん、台日を舞台としたドラマに出演した日本人俳優の金子昇さんも登場し、出演作品の紹介や撮影中のエピソードなどを楽しそうに語った。

 翌24日夜には、東京・丸の内で「台湾ナイト」が開かれ、台湾パビリオンの出展業者は、日本のバイヤーやコンテンツ関連業者、東京国際映画祭(TIFF)関係者らと和やかな中にも活発な交流を行った。

181023n
台日業者間の交流が行われた「台湾ナイト(台湾之夜)」

181023o
林会長(写真左1)、椎名保・TIFFCOM代表(右1)

«2018年10月25日»