台中フローラ世界博覧会、白い蘭の花で作った巨大な雲

台中フローラ世界博覧会、白い蘭の花で作った巨大な雲

img20181102152652433_800

 台中フローラ世界博覧会(中国語は台中世界花卉博覧会)が明日(3日)、開幕する。3つある会場のうち后里森林園区には、1,000株に上る白い蘭の花に綿毛を詰めて作った巨大な「雲」が設置されている。「蘭花知識雲(Orchids in the Cloud)」と名付けられたこのオブジェの下には、色とりどりのコチョウラン(胡蝶蘭)が逆さまに吊るされ、美しい「逆さ蘭」を楽しむことができる。また、無数の蘭の花の気根が垂れ下がり、テクノロジーを駆使しながらも、ロマンチックな雰囲気が漂う。まるで映画『アバター』の世界に迷い込んだかのよう。

 台中フローラ世界博覧会は11月3日から2019年4月24日まで開催。外埔園区、后里森林園区、豊原葫蘆墩園区の3つの会場で行われる。

Taiwan Today:2018年11月2日

写真提供:中央社