台湾から2名が日本の「平成30年秋の外国人叙勲」受章

台湾から2名が日本の「平成30年秋の外国人叙勲」受章

 11月3日、日本政府が発表した「平成30年秋の外国人叙勲」の中で、台湾の許勝雄氏が旭日重光章、鄭祺耀氏が旭日中綬章を受章した。

 発表によると、許勝雄氏は現在、金宝電子工業の会長在任中であり、三三企業交流会の会長も務めている。日本・台湾間の経済関係強化および相互理解の促進に寄与したことにより受章した。

 鄭祺耀氏は、これまでに台日文化経済協会の会長を務め、現在は同協会の名誉会長となっている。日本・台湾間の友好親善および相互理解の促進に寄与したことにより受章した。

«2018年11月6日»