謝長廷・駐日代表が毎日新聞『こども新聞』の台湾旅行プレゼント贈呈式に出席

謝長廷・駐日代表が毎日新聞『こども新聞』の台湾旅行プレゼント贈呈式に出席

2020年2月14日 謝長廷・駐日代表が毎日新聞『こども新聞』の台湾旅行プレゼント贈呈式に出席

写真右から謝長廷・駐日代表、上村洸生さん親子、ミラ七海さん(欠席)のお母さん、丸山昌宏・毎日新聞社代表取締役社長

200214l

挨拶する謝長廷・駐日代表(右1)

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は2月14日、毎日新聞社東京本社で行われた『こども新聞2019ふゆ号』台湾旅行プレゼント贈呈式に出席し、全問正解者の中から抽選で選ばれた2組に、日本~台湾のペア往復航空券と台北市内のホテルペア宿泊券をそれぞれ贈呈した。

 謝代表はあいさつの中で、今回、関東地区と九州地区でクイズへの応募者数は7205人となり、関東地区の応募者数だけでも昨年より1500人も多かったと紹介した。さらに、「百聞は一見にしかず」という言葉通り、実際に台湾を訪れたなら、台日間で相互に助け合うという絆や、台湾と日本が海で繫がっており、環境保全に国境はないといったこのクイズのテーマの意義も実感できるであろうと期待を寄せた。その上で、当選した子供たちにとり、すばらしい台湾の旅となるよう祈念した。

 毎日新聞社が発行した「こども新聞2019ふゆ号」の台湾特集は、台湾のスポーツ(槍投げ)選手の鄭兆村さん、救命救急士の松岡博人さんによる台湾への恩返し、宜蘭の岳明小学校の児童らによる伝統人形劇(布袋戯)の来日公演、昨年の同プレゼント当選者らの台湾旅行体験記など4つをテーマとした内容だった。この新聞は首都圏および九州地区の公立小学校に無料で配布された。

 この読者ブレゼントに首都圏からは、合計7007人が応募し、全問正解者の中から、東京都在住の上村洸生さん(小学4年生)と千葉県在住のミラ七海さん(小学2年生)が抽選で選ばれた。九州地区からは福岡市在住の石井勇宇さん(小学1年生)が当選した。九州地区の贈呈式は2月10日に終えており、当選した3名はいずれもペアで行く台湾旅行を獲得した。

200214m

毎日新聞社発行の「こども新聞」

«2020年2月17日»