国家災害防救科技中心、日本の防災科学技術研究所と5カ年協定

国家災害防救科技中心、日本の防災科学技術研究所と5カ年協定

img20200312120539248_800

 科技部(日本の文科省に類似)所管の行政法人国家災害防救科技中心(National Science and Technology Center for Disaster Reduction、略称NCDR)は10日、日本の文部科学省所管の国立研究開発法人防災科学技術研究所(National Research Institute for Earth Science and Disaster Resilience、略称NIED)と防災協力に関する5カ年協定に署名した。双方はこれまでの協力経験をふまえ、今後も地震、地滑り、洪水等に関する防災科学技術に関する交流を強化し、同時に防災情報の応用についても経験を共有していく。

 茨城県つくば市に本部を置く国立研究開発法人防災科学技術研究所は、日本各地に実験施設や観測施設を所有している。1963年の創立以来、防災科学技術に関する基礎研究、実験施設、研究部門などを次々に設立。地震、火山、洪水、崩落、異常気象など自然災害の研究に取り組み、防災科学技術の基礎研究の普及に力を入れている。同時に災害対策や災害に強い街づくりなどの分野でも研究を進めている。科技部所管の行政法人国家災害防救科技中心とは2007年以降、交流を展開している。

 行政法人国家災害防救科技中心の陳宏宇主任はこの協定署名式で、「台湾と日本が直面する災害のタイプはほぼ同じだ。このため防災科学技術を発展し、政府や市民の防災・減災に協力する必要がある。台湾のNCDRと日本のNIEDは長年の交流があり、防災科学技術の経験共有で一定の成果を挙げてきた」と述べた。

 これに対してNIEDの林春男理事長は、「NCDRはこれまで、防災研究の成果を確実に応用してきた。今後も協力を深め、防災情報や経験の共有及び交流を通し、分野を超えた防災協力を展開していきたい」と意気込みを見せた。

Taiwan Today:2020年3月12日

写真提供:行政法人国家災害防救科技中心サイトより
 科技部所管の行政法人国家災害防救科技中心(NCDR)は10日、日本の国立研究開発法人防災科学技術研究所(NIED)と防災協力に関する5カ年協定に署名した。写真左はNIEDの林春男理事長、右はNCDRの陳宏宇主任。