成田発着チャーター便で台湾旅行気分を満喫

成田発着チャーター便で台湾旅行気分を満喫

210405a
台湾観光局の記念スタンプを押して出発

 台湾観光局/台湾観光協会東京事務所は4月3日、日本航空、ジャルパック、成田空港(株)との合同で「チャーターDE海外旅行気分を満喫!~台湾~」を実施した。このイベントは、空港待合室、飛行機、機内食などで台湾旅行の気分が味わえる企画で、約160名が空の旅を楽しんだ。台湾観光局/台湾観光協会東京事務所の鄭憶萍所長は、「搭乗して楽しんだ満足感だけでなく、実際に出国して台湾に行ったかのようなシチュエーションの演出に努めた。台湾風のおもてなしを感じて、思い出深い旅にしてもらいたい。そして観光渡航解禁後の台湾旅行を楽しみにしてもらえれば」と述べた。

210405b
台湾の観光スポットをバックに記念撮影

210405c
台湾ミニランタンをバックに

 同ツアーでは、飛行機搭乗の安全検査の前に、台湾原住民族・アミ族の民族衣装を纏ったスタッフが台湾観光局の模擬出入国スタンプを押して参加者らを歓迎した。空港の搭乗待合室には、台湾の廟、客家花布、スカイランタン(天灯)、台湾各地の観光スポット紹介、記念品が当たる台湾輪投げコーナーなどが設けられ、台湾旅行の気分を盛り上げた。

210405d
地上職員が歓迎するなか搭乗

 空港および日本航空のスタッフらが手を振る中、出発した飛行機は、機内食にチマキや点心、よだれ鶏、豆腐干絲サラダなど台湾グルメが提供され、機内では台湾各地の空撮動画など台湾観光プロモーション映像の上映、台湾観光の記念品が当たる「2021紅包 運だめし抽選会」などが実施された。

210405e
日本航空と成田空港の職員らが出発をお見送り

 飛行機は、成田空港から富士山周辺を2回周遊し、北陸、四国、太平洋上空を回ってハート型のルートを描き、台湾までの飛行時間である約3時間30分間飛行して成田空港に戻った。到着時には、日本航空のスタッフらが日本入国をイメージした模擬スタンプを押し、台湾旅行から帰ってきたような気分を演出した。

210405f
台湾グルメの特製機内食(写真はビジネスクラス)

《2021年4月6日》