一覧: Home > 活動情報
第14回大阪アジアン映画祭が「台湾ナイト」開幕とオープニングセレモニーを開催し、台日の映画交流と相互理解を促進

今年の第14回大阪アジアン映画祭は、3月8日から17日まで大阪市内の各映画館で開催され、台湾と日本の映画文化交流の促進のため、我が国の文化部が再度、大阪映像文化振興事業実行委員会と協力し、「台湾映画特集」を作成し、台湾の最新映画7作を選んだ。

今回、映画祭開催中の3月13日、ABCホールの近くのレストランにて「台湾ナイト」歓迎レセプションが開催され、式典は王淑芳・駐日代表処台湾文化センター主任がホストを務め、挨拶した。台湾側は李世丙・駐大阪弁事処長 、周良柔・監督、黃芝嘉・監督 、薛提縈・俳優、「オーサカ Asia スター☆アワード」の受賞者の邱澤氏の4名、日本側からは上倉庸敬・大阪アジアン映画祭実行委員会委員長、読売新聞、 産経新聞、台湾新聞などの各メディア、留学生および華僑界の代表ら約70名が出席した。

歓迎レセプションの後、観客全員が「悲しみより、もっと悲しい物語」の鑑賞のためにABCホールに移動し、事前にオープニングセレモニーが挙行された。李世丙・駐大阪弁事処長は挨拶の中で、今回の映画祭に上映された7作の映画について個別に紹介し、開催期間中に順番に鑑賞し、 台日の映画芸術の相互理解と交流の強化に繋がればと述べた。公開初日は350名の会場が満席となり、感動的なシーンで観客の涙を拭う様子が会場全体的に見られ、台湾映画に深い感銘を受けた。

2019年3月13日第14回大阪アジアン映画祭が「台湾ナイト」開幕とオープニングセレモニーを開催し、台日の映画交流と相互理解を促進

1.第14回大阪アジアン映画祭「台湾ナイト」開幕式にて挨拶する李世丙・駐大阪弁事処長

2019年3月13日第14回大阪アジアン映画祭が「台湾ナイト」開幕とオープニングセレモニーを開催し、台日の映画交流と相互理解を促進

2.第14回大阪アジアン映画祭「台湾ナイト」祝賀レセプションにて挨拶する王淑芳・駐日代表処台湾文化センター主任

2019年3月13日第14回大阪アジアン映画祭が「台湾ナイト」開幕とオープニングセレモニーを開催し、台日の映画交流と相互理解を促進

3.第14回大阪アジアン映画祭「台湾ナイト」祝賀レセプションでの台湾映画監督と来賓の集合写真 王淑芳・駐日代表処台湾文化センター主任(左1)、李世丙・駐大阪弁事処長 (右2);上倉庸敬・大阪アジアン映画祭実行委員会委員長(右1)

2019年3月13日第14回大阪アジアン映画祭が「台湾ナイト」開幕とオープニングセレモニーを開催し、台日の映画交流と相互理解を促進

4.第14回大阪アジアン映画祭「台湾ナイト」祝賀レセプションでの台湾映画監督と来賓の集合写真 王淑芳・駐日代表処台湾文化センター主任(右2)、李世丙・駐大阪弁事処長 (左2);上倉庸敬・大阪アジアン映画祭実行委員会委員長(右1)

2019年3月13日第14回大阪アジアン映画祭が「台湾ナイト」開幕とオープニングセレモニーを開催し、台日の映画交流と相互理解を促進

5.第14回大阪アジアン映画祭「オーサカ Asia スター☆アワード」の受賞者、邱澤氏の挨拶