一覧: Home > 活動情報
張永賢・駐大阪弁事処副処長らが大阪中華学校中国語教師と会談

張永賢・駐大阪弁事処副処長および羅国隆・課長は4月20日、大阪大国町にて大阪中華学校の中国語教師である龍知君氏ら4名と会談し、日本での中国語教育および中国語能力試験の推進について意見交換した。

現在、国内から4名の中国語教師、龍知君、葉芳飴、黃銘彥および王政暘氏を派遣し大阪中華学校で教えている。 同校には幼稚班、小学部および中学部があり、生徒数は266名、教師数は31名で唯一西日本で正体字で教えている中華学校であり、中国語教育において西日本で主要な存在となっている。

今年の西日本中国語能力試験は7月7日、同校で行われる予定で、現在申し込みを受付け中です。

張永賢・駐大阪弁事処副処長(左3)が大阪中華学校中国語教師と会談後に記念撮影

張永賢・駐大阪弁事処副処長(左3)が大阪中華学校中国語教師と会談後に記念撮影