一覧: Home > 活動情報
李世丙・駐大阪弁事処長が中華民国留日京都華僑総会懇親会に出席

中華民国留日京都華僑総会は6月5日、定期理監事会議および幹部改選を行い、全会一致で魏禧之・会長が再選された。 会議の後、会員大会および懇親会が開催され、イベントは魏禧之・会長が主催し、李世丙・駐大阪弁事処長が招請を受け出席した。

李処長は挨拶の中で、まず魏会長が会長に再選したことを祝福し、同会の京都と台湾の議員間の交流および民間交流への貢献に感謝の意を表した。また、台湾を訪れる日本人の数は約480万人にのぼり、特に観光客の多い京都は急難救助の案件は非常に多く、同会の長期的な支援に深い敬意を表した。

魏会長は挨拶の中で、任期中に台南市と京都市双方の観光、経済貿易、文化等の民間交流の拡大および我が国の旅客の急難救助業務を全面的に支援すると述べた。

寺田一博・京都市議会日台親善議員連盟会長、小島裕史・京都日台親善協会会長、能勢昌博・京都府議会日台親善議員懇話会副会長ら政界の主要、同会理監事会員らもイベントに参加し、熱気溢れる会場となった。

挨拶する李処長

挨拶する李処長

挨拶する魏禧之会長

挨拶する魏禧之会長

李世丙処長(左4)および来賓の記念撮影

李世丙処長(左4)および来賓の記念撮影