3/3 張処長は横浜市議会日華親善議員連盟より台湾の国際組織への参加支持表明文を受け取る

3月3日 張処長淑玲は横浜市議会議長兼横浜市議会日華親善議員連盟会長横山正人、副議長兼副会長谷田部孝一、加藤広人、事務局長小松範昭らの表敬訪問を受けた。横山会長は2月26日に可決された「台湾の世界保健機関(WHO)及び国際民間航空機関(ICAO)への参加支持表明文」を張処長に手渡しした。

支持表明文の内容は、日台間の相互往来は670万人を突破し、こうした人々の往来に加え、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染が各国拡大する中、台湾が何らかの立場で継続的に参加することが不可欠であり、防疫に係る望まれない地理的空白を生じさせることはあってはならない。

WHO憲章は「人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとって基本的人権のひとつである」と掲げており、保健衛生分野の豊富な知見・経験を持つ台湾の参加を妨げてはならない。日本と台湾の発展のためにも、台湾がWHO及びICAOへ何らかの立場で継続的に参加することを支持する。

2020.03.03張處長與橫山會長等議員同持支持我參與WHO標語合影

 

橫山會長遞交聲明書致張處長