英国の国際イラストコンクールで台湾の新鋭デザイナーたちが受賞

英国の国際イラストコンクールで台湾の新鋭デザイナーたちが受賞

img20180611134954431_800

 イギリスの「ワールド・イラストレーション・アワード(WORLD ILLUSTRATION AWARDS, WIA)」は今年、70カ国あまりから集まった3,300点以上のエントリー作品の中から16名のアーティストを各部門の最高賞に選出した。その結果、台湾の新進デザイナー、呉箏(Chen Wu)さんが「編集」部門の新人賞(Editorial New Talent)を、そして徐世賢(Shih-Hsien,Hsu)さんは「図書」部門の新人賞(Books New Talent)を獲得した。受賞作品は11日より20日まで、イギリス・ロンドンのサマセット・ハウスで展示されている。

 「編集」部門の新人賞を獲得した呉箏さんは24歳。現在はフリーランスで働いている。呉さんは、世界から集まった3,300点あまりの作品の中から自分の作品が審査員に選ばれたことを喜ぶと共に、今回の高い評価を胸に、これからもデザインの道をあきらめないで歩んでいきたいと述べた。呉さんはこれまでにも、米国の「Adobeデザインアチーブメント賞(Adobe Design Achievement Awards)」の最高賞や、「コンテンポラリーイラストレーションマガジン 3x3(3x3, The Magazine of Contemporary Illustration)」賞の「栄誉賞(Merit Award)」など、国際コンクールで賞を受けており、作品は香港出版社のVictionary年鑑、APDアジア太平洋デザイン年鑑、及びシンガポールのBasheer Graphic Booksなど、デザインの専門書に収録されている。

 「図書」部門新人賞を受賞した徐世賢さんは32歳。イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートのビジュアル・コミュニケーション研究所(大学院)イラスト科で学び、今月末に修了する。授賞式が行われた9日は母親の誕生日で、受賞の知らせに台湾で暮らす家族たちは大喜びしたという。呉さんと同様、フリーランスの徐さんは台湾で広く活動しており、国立故宮博物院、台北市、免税店を経営する昇恒昌株式会社、映画見本市のゴールデンホース・ファンタスティック・フィルム・フェスティバル(金馬奇幻影展)などとコラボレーションした実績がある。

Taiwan Today:2018年6月12日

写真提供:ASSOCIATION OF ILLUSTRATORSサイトより
 イギリスの「ワールド・イラストレーション・アワード」で、台湾の新進デザイナー、呉箏(Chen Wu)さんと徐世賢(Shih-Hsien,Hsu)さんが2つの部門の新人賞を受賞した。写真は呉箏さんの受賞作品、『Eggs』から。