謝長廷・駐日代表が「2018 JAPAN CUP国際女子ソフトボール大会in高崎」で始球式

謝長廷・駐日代表が「2018 JAPAN CUP国際女子ソフトボール大会in高崎」で始球式


始球式を務めた謝長廷・駐日代表


謝長廷・駐日代表(後列右6)と台湾代表チームのメンバーら

 日本ソフトボール協会および毎日新聞社が主催する「2018 JAPAN CUP国際女子ソフトボール大会in高崎」が群馬県高崎市の城南野球場で11月2日~同4日に開催された。台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は開幕日の2日の第一試合(台湾VS米国)の始球式を務め、台湾代表チームの活躍を祈念した。

 同日は、群馬、埼玉、茨城などの各県在住の台湾同胞および留学生らも観戦に訪れ、謝・駐日代表とともに台湾チームに声援を送った。謝・駐日代表は、試合は苦戦したが、世界強豪チームと対戦できて、台湾の選手らにとりいい経験となったとの考えを示し、今後のさらなる活躍を期待した。

181106d
台湾VS米国の試合の様子

181106e
観客席から台湾代表チームに声援を送る人々

《2018年11月6日》