台湾の海洋委員会海巡署が日本の海上保安庁と協力し沖縄の漁民を救助

台湾の海洋委員会海巡署が日本の海上保安庁と協力し沖縄の漁民を救助

 台湾の海洋委員会海巡署(旧・行政院海岸巡防署)と日本の海上保安庁は、2017年12月に台湾日本関係協会と日本台湾交流協会を通して「台日海難捜索救助協力覚書」に調印して以来、双方の緊密な協力が行われている。

 2019年5月23日午前に沖縄県石垣島新川漁港から出港した日本漁船が行方不明になっていたところ、翌24日の19時半頃に石垣島北方約120キロの地点で台湾漁船がその漁船および漁民を発見した。台湾漁船の通報を受けて、海洋委員会海巡署は巡視船「和星艦」を派遣し、漁民を救助したところ、意識不明かつ体温が31度まで下がり、危険な状態であった。

 その後、日本の海上保安庁が派遣した機動救難士3人を乗せたヘリ「MH971」が同日23時35分に「和星艦」と会合し、協力しながら吊上げ救助作業を行った。漁民は石垣島の病院に搬送され、命に別状はなかった、

 6月27日の「海上保安新聞」には、「今回は台湾CG(海巡署)の巡視船と一致協力し、安全かつ迅速に夜間吊上げ救助作業を無事に遂行できたことに、当基地の職員一同喜びを感じている」と、海上保安庁石垣航空基地職員のコメントが掲載され、海難捜索救助における台日双方の良好な実務協力が成功した具体的事例となった。

《2019年7月4日》