WHO、「台湾では新型肺炎が市中感染」との言い方を明確に否定

WHO、「台湾では新型肺炎が市中感染」との言い方を明確に否定

img20190115141933922

 世界保健機関(WHO)のタリク・ヤシャレビチ(Tarik Jasarevic)報道官が12日午前、台湾のメディアによる質問に回答し、WHOは台湾(中華民国)など6カ国を「新型肺炎の市中感染が確認された地域」だとしているとの言い方を否定した。ヤシャレビチ報道官は、WHOはこれらの国で市中感染が起きていると述べたことは無いとして、そうした言い方を明確に否定する一方、WHOは濃厚な接触が無かった人たちの間で感染が起きている状況を注視していると説明した。

 韓国の中央防疫対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)副本部長は11日の記者会見で、韓国政府は韓国の公民に対し、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっているシンガポール、日本、マレーシア、ベトナム、タイ、台湾には渡航しないよう勧告し、韓国へのウイルス流入を防ぐと述べた。キム氏はその際、これらの国々は9日に、WHOによって「市中感染が確認された地域」とされたと指摘し、感染のリスクが高いことを考慮して渡航に関する慎重な判断を求めた。

 これについて中華民国外交部(日本の外務省に相当)の欧江安報道官は、韓国政府が新型コロナウイルスに対応するために必要だとする関連の措置は尊重するとした上で、記者会見で台湾が「市中感染が起きている国」だとされたことは事実と異なると反論した。欧報道官はそして、韓国側の誤った認識に対して外交部と駐韓国台北代表部は遺憾の意を示し、韓国側に対して積極的に是正を求めていくと述べた。

 WHOは2月11日、新型肺炎をCOVID-19(2019年に感染が始まったコロナウイルスによる病気)と命名した。

Taiwan Today:2020年2月13日

写真提供:外交部
 世界保健機関(WHO)の報道官が12日、「WHOは台湾(中華民国)など6カ国を『新型肺炎の市中感染が確認された地域』だとしている」との言い方を否定した。外交部は韓国側に是正を求めていくとしている。