19日零時より外国人の入国を原則禁止、居留証所持者等は除く

19日零時より外国人の入国を原則禁止、居留証所持者等は除く

img20200318140431393

 衛生福利部(日本の厚生労働省に類似)の陳時中部長(=大臣)は18日午前に開いた記者会見で、世界各地で新型コロナウイルスの感染拡大が進み、海外から台湾にウイルスが持ち込まれるケースが急増していることを理由に、19日零時以降、中華民国(台湾)国籍を持たない外国人の入国を原則禁止することを発表した。19日零時以降に入国する外国人に関しては国籍を問わず、14日間の「居家検疫(=在宅検疫)」を一律義務付ける。

 外交部(日本の外務省に相当)の呉釗燮部長(=大臣)はその後、台湾での在留許可があることを証明する居留証(ARC)、外交公務証明(=外交・公務目的の渡航であることを証明する文書)、商務履約証明(=商務目的の渡航であることを証明する文書)、あるいはその他の特別な許可を持つ外国人については入国を認めると補足説明した。但し、関連の証明を持参して入国する場合も、台湾が定める防疫規範に従うことが求められる。関連の規範と規制解除の期日については、中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当。中国語の正式名称は中央流行疫情指揮中心)の決定に従うと述べるにとどまった。

Taiwan Today:2020年3月18日

写真提供:聯合報
 衛生福利部(日本の厚生労働省に類似)の陳時中部長(=大臣)は19日零時以降、中華民国(台湾)国籍を持たない外国人の入国を原則禁止することを決めた。19日零時以降に入国する外国人に関しては国籍を問わず、14日間の「居家検疫(=在宅検疫)」を一律義務付ける。