「台湾-中国線の縮小」と「台湾での乗り継ぎ全面禁止」、いずれも延長

「台湾-中国線の縮小」と「台湾での乗り継ぎ全面禁止」、いずれも延長

img20200424112411998

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が続いている。欧米諸国は依然感染のピークを脱しておらず、中南米諸国や台湾から近い東南アジアや南アジアの国々でも感染者が増加している。こうした状況を鑑み、中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当。中国語の正式名称は中央流行疫情指揮中心)は23日、当初4月29日までとしていた「台湾-中国線の縮小」と、4月30日までとしていた「台湾での乗り継ぎ全面禁止」の2つの措置を継続することを決めた。解禁日は新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見て判断する。

Taiwan Today:2020年4月24日

写真提供:衛生福利部フェイスブック
 中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当)は、当初4月29日までとしていた「台湾-中国線の縮小」と、4月30日までとしていた「台湾での乗り継ぎ全面禁止」の2つの措置を継続することを決めた。解禁日は新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見て判断する。