蔡総統が台日の末永い友情に期待、「台湾は日本を応援し続ける」

蔡総統が台日の末永い友情に期待、「台湾は日本を応援し続ける」

img20210125133228367

 蔡英文総統が23日午後、日本の対台湾窓口機関・日本台湾交流協会主催の「日台友情 Always Here 101点灯活動」にビデオメッセージ形式で参加し、ここ十数年間、台湾と日本は互いに思いやり、助け合いの気持ちを持ち続けてきたと強調した。蔡総統は、現在は新型コロナウイルスの影響で一時的に会えない状態だが我々は必ず手を取り合い克服できるはずだとした上で、台湾はこれからも日本の人々を応援していくと語り、台湾と日本の友情が末永く続いていくことを願った。

 以下、蔡総統のビデオメッセージの要約。

 今月初め、日本のランドマークである東京タワーで「台湾祭」のためにともった光は私たちへの大きなサプライズでした。今日と明日、台湾のランドマーク・台北101でも「台日友情」の文字がともされます。私たちは世界にむけて、台湾と日本はいつまでも固く結ばれた隣人なのだと伝えるのです。

 今年は東日本大震災から10年目の年です。あのときの日本の苦しみを台湾人はわがことのように感じ、日本のために心から祈り、支援を惜しみませんでした。なぜなら、台湾人は覚えているからです。台湾が災害に見舞われたとき、いつも日本が温かい手を差し伸べてくれたことを。

 この十数年、台湾と日本はお互いを思いやり、助け合いの気持ちを持ち続けてきました。昨年はコロナ禍の試練に直面しながら、感染症対策の経験を交換し、また世界各国に残るそれぞれの国民の帰国に協力しました。

 台湾人と日本人は心と心で深いつながりを築いています。つまり、日本語の「きずな」です。これは台日関係の最大の原動力でもあります。

 今はコロナ禍で会えずにいますが、私たちは必ず手をとり合い克服できるはずです。今日は東京オリンピック・パラリンピックの開幕予定日からちょうど半年前です。日本が団結してこの試練を乗り越え、約半世紀ぶりの東京大会を開催できることを祈っています。台湾は日本を応援し続けます!

Taiwan Today:2021年1月25日

写真提供:蔡英文総統ツイッターより
 蔡英文総統が「日台友情101点灯活動」にビデオメッセージで参加し、台湾はこれからも日本の人々を応援していくと語り、台湾と日本の友情が末永く続いていくことを願った。