謝長廷・駐日代表が横浜中華学院新校舎落成式に出席

謝長廷・駐日代表が横浜中華学院新校舎落成式に出席


謝長廷・駐日代表(右6)、張淑玲・駐日代表処横浜分処処長(左5)、羅鴻健・横浜中華学院理事長(右5)、馮彦國・横浜中華学院校長(左1)、鄭尊仁・僑務委員(左4)、小林一美・横浜市副市長(右3)

 台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は3月27日、神奈川県横浜市の「横浜中華学院」新校舎落成式に出席した。このなかで謝・駐日代表は、新校舎落成を無事に迎えられたことへの「おめでとう」、新校舎建設のための寄付などの協力への「ありがとう」、起工式と落成式の両方に参加できたことへの「よろこび」、今後の同校のますますの発展への「期待」の4点を強調した。

210329c
お祝いの挨拶を述べる謝長廷・駐日代表

 横浜中華学院は、1897年に孫文先生により日本初の華僑学校として創設された歴史ある学校で、旧校舎の老朽化が進んでいたことから、安全快適な学習環境の向上のために2019年3月に新校舎の起工式を行い、約2年の建設工事を経て、新校舎が完成した。

210329b
童振源・僑務委員会委員長の祝賀ビデオメッセージ

 新校舎落成式に先立ち、謝長廷・駐日代表、張淑玲・駐日代表処横浜分処処長、羅鴻健・横浜中華学院理事長、馮彦國・横浜中華学院校長、鄭尊仁・僑務委員、小林一美・横浜市副市長らによりテープカットが行われた。同校5階の新体育館で行われた落成記念式典では、童振源・僑務委員会委員長による祝賀ビデオメッセージが放映され、台湾の質の高い華語教育や文化などを共に推進していくことに期待を示した。同式典には田中和徳・前復興大臣/衆議院議員、島村大・参議院議員、横山正人・横浜市議会議長、松田良昭・神奈川県議会議員日華親善連盟会長らも出席した。

210329d
謝長廷・駐日代表(中央)および横浜中華学院関係者らとの記念写真

 横浜中華学院の羅理事長は、同校新校舎建設のために中華民国政府および僑務委員会の全面的な支持と、華僑界および卒業生らからの寄付、横浜市会議員や神奈川県会議員の先生方の協力などに深い感謝の意を表した。また、馮校長は、建て替え時の不便な環境や新型コロナウイルス感染症の影響があったもののそれを乗り越え落成式を迎えることができたことに対し、同校の教師および生徒・児童らに感謝の意を表した。馮校長は、4月から同校校長を引き継ぐ杜文剣・副校長を紹介し、横浜中華学院の今後ますますの発展を期待した。

210329e
横浜中華学院の新校舎

《2021年3月30日》