謝長廷・駐日代表がバルトン銅像復元除幕式(東京会場)に出席

謝長廷・駐日代表がバルトン銅像復元除幕式(東京会場)に出席


謝長廷・駐日代表(前列中央)、稲場紀久雄・日本下水文化研究会代表(前列右2)、黒須隆一・台湾友の会会長(前列左2)、前田武志・元国土交通大臣(前列右1)、バルトン技師の玄孫ケヴィン・メッツさん(前列左1)

 台北駐日経済文化代表処(以下、駐日代表処)の謝長廷代表は3月30日、台北水道博物館で開催された「バルトン先生銅像復元除幕式」の東京会場(駐日代表処公邸)で挨拶を述べ、「台湾には、果実を食べるときはその木に感謝し、水を飲むときはその源を思いを馳せるという諺があり、台湾人は受けた恩に感謝する文化がある。バルトン先生の功績は、台湾ではこれまであまり知られていなかった。今回、銅像が復元されたことをうれしく思う。バルトン先生の台湾における水道建設の功績と、命の水を守ることは健康と幸せの無限の循環になるという理念を多くの人に知ってもらいたい」と強調した。

210401a
東京会場から台北会場とオンラインで挨拶する謝長廷・駐日代表

 バルトン先生ことウィリアム・K・バルトン(William K. Burton)は、英国スコットランド出身の水道技師で、東京の水道整備を手がけた後、1896年に台湾総督府の顧問技師として台湾各地の水道建設の調査と設計を行い、台湾における水道整備の基礎を築き、公衆衛生の向上に貢献した。台北水道水源地(現・台北水道博物館)には1919年にバルトン先生の銅像が建立されたが、第二次世界大戦中に行方不明となり、現存しないことから、このたび台湾の彫塑家・蒲浩明氏により復元され、台北市水道博物館に設置されることになった。

 台北水道博物館で行われた除幕式には柯文哲・台北市長、水利専門家の李鴻源教授(元内政部長)、徐儷文・外交部主任秘書、泉裕泰・日本台湾交流協会台北事務所代表、ジョン・デニス英国駐台代表らが出席し、柯市長は、「100年余り前に清潔な水を手に入れることは容易ではなかった。台北の水道建設が困難を伴いながら現在へと発展してきたのは、バルトン先生の尽力が大きかった」と挨拶し、銅像復元の意義を強調した。

210401b
除幕したバルトン銅像と台北会場の参加者ら。柯文哲・台北市長(右5)、李鴻源・元内政部長(右2)、徐儷文・外交部主任秘書(右1)、泉裕泰・日本台湾交流協会台北事務所代表(右7)、ジョン・デニス英国駐台代表(右4)、彫塑家・蒲浩明氏(右3)

 新型コロナウイルス感染症の影響で、日本側の関係者が台湾での式典に参加できないことから東京会場を設け、オンライン方式で両会場をつないで行われた。東京会場には謝長廷・駐日代表、稲葉紀久雄・日本下水文化研究会代表、黒須隆一・台湾友の会会長、前田武志・元国土交通大臣、バルトン先生の玄孫ケヴィン・メッツ(Keven Kmetz)さんらが出席し、バルトン銅像復元を祝賀した。また、尾根田勝代・東京都水道局浄水部長が小池百合子・東京都都知事からのメッセージを代読し、東京と台北の水道の発展に貢献したバルトン先生に敬意を表した。

210401c
ミニサイズのバルトン胸像をケヴィン・メッツさんに贈呈

 東京会場では、台北市よりケヴィン・メッツさん、並びに今回のバルトン銅像復元に尽力した稲葉代表および黒須会長にミニサイズのバルトン先生胸像が贈られ、謝・駐日代表からそれぞれ手渡された。ケヴィン・メッツさんは青森で学んだ津軽三味線をバグパイプ演奏家・山根篤さんとともに合奏し、スコットランドと日本と台湾の末永い友好を祈念した。

210401d
津軽三味線を演奏するケヴィン・メッツさん(左)とスコットランド伝統のバグパイプを演奏する山根篤さん(右)

《2021年4月1日》