【2月6日重要なお知らせ】過去に14日以内に中国大陸(香港、マカオを含める)に渡航・居住歴のある外国籍者は台湾への入国を禁止する

2月5日,台湾衛生福利部は,同部疾病管制署のプレスリリースにおいて,2月6日より,新型コロナウイルスの感染が拡大する中,中国大陸全域(香港・マカオを含む)を二級流行地区に指定する旨,また,2月7日より,過去14日以内に中国・香港・マカオに入境あるいは居住していた外国籍者については暫定的に入境禁止とする旨の措置を発表しました。

外交部領務事務局(英語版)20200206発表

 

同プレスリリースによると,中国・香港・マカオ地区からの入境規定に関して,中央流行疫情指揮中心(感染症指揮センター)による補足説明は以下のとおりです。

一.台湾人:
1.2月6日より,中国・香港・マカオに渡航歴のある者は14日間の在宅検疫が必要
2.香港・マカオからの入境許可を得た者は14日間の自主的健康管理が必要
二.中国大陸籍:暫定的に入境停止
三.香港・マカオ籍:2月7日より,入境後,14日間の在宅検疫が必要
四.外国人:2月7日より,14日以内に中国・香港・マカオに入境或いは居住した外国籍者は,暫定的に入境停止
(注:台湾居留証所持者については,下記のとおり,台湾入境後は14日間の「在宅検疫」措置となる。)
五.上述の措置は今後の病疫状況を見て調整・更新を行う

<2月5日付け衛生福利部疾病管制署プレスリリース(中国語)>
https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/d8IEMvgt20oaB7rIu8ygaQ?typeid=9