一覧: Home > 活動情報
大阪中華学校が73周年記念運動会を開催

大阪中華学校にて6月2日、73周年記念運動会が開催された。陳雪霞・校長が主催し、李世丙・駐大阪弁事処長、川合通夫・ 大阪府日華友好交流協会会長、連茂雄・ 大阪中華学校理事長、洪勝信・理事長代行、蔡伸雄・副理事長、劉義村・監事、林雅萍・PTA会長および教師・生徒ら約500人が参加した。

陳校長は開会式の挨拶で、大阪中華学校は73年来、幾多の困難を乗り越えてきたと述べ、理事会、僑領およびPTA等の各界の華僑教育への支持のおかげで校務が日に日に発展したと感謝の意を表した。学校は中華文化の継承という理念を掲げ、道徳教育の理念を重視、人材を育成している。また今年は僑務委員会海外文化教師の民俗スポーツ指導による生徒の体力強化へ感謝の意を表した。

李処長は開会式の中で、吳新興・僑務委員会委員長を代表し大阪中華学校に「宏揚僑教」の扁額を贈呈した。その後、陳校長、連理事長は生徒等の手作りの九節龍に目を入れ、学校の繁栄を願った。

運動会は、鼓獅、獅子舞、龍舞、武術、中国ゴマおよびチアリーディングによる素晴らしいパフォーマンスで始まり、熱気溢れる会場となった。

李世丙・処長(左)が吳新興・僑務委員会委員長を代表し大阪中華学校に「宏揚僑教」の扁額を贈呈,連茂雄・理事長(右)、陳雪霞・校長(中央)が受け取る

李世丙・処長(左)が吳新興・僑務委員会委員長を代表し大阪中華学校に「宏揚僑教」の扁額を贈呈,連茂雄・理事長(右)、陳雪霞・校長(中央)が受け取る

連茂雄・理事長が九節龍に目を入れる

連茂雄・理事長が九節龍に目を入れる

開会の挨拶をする陳雪霞・校長

開会の挨拶をする陳雪霞・校長

入場行進の様子

入場行進の様子