一覧: Home > > 重要公告
大涌谷周辺(箱根山)の火山活動(5月31日更新)

気象庁は噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を発表しています。
本年(2019年)3月中旬以降、箱根山の主に中央火口丘直下を震源とする火山性地震の発生頻度がやや高まっています。また、GPS観測により、中央火口丘をはさむ観測点間の距離にわずかな伸びの傾向が見られています。これらの観測結果は火山活動の活発化と関連している可能性がありますが、現時点では、2015年など過去の顕著な活動時と比べ小さな変化にとどまっており、今後、活動が活発化するかどうかについては判断が難しい状況です。温泉地学研究所では、引き続き注意深く観測を続けていきます。

2019年5月31日現在
箱根の活動について