3/25 張処長は川崎市日華親善議員連盟より台湾の世界衛生保健機関(WHO)及び国際民間航空機関(ICAO)への参加支持表明文を受け取る

3月25日 張処長淑玲は川崎市日華親善議員連盟会長松原成文の表敬訪問を受けた。松原会長は24日に可決された「台湾の世界衛生保健機関(WHO)及び国際民間航空機関(ICAO)への参加支持表明文」を張処長に手渡しした。

支持表明文の内容は、国際化の進展に伴い人的往来が増加する中、国境ともなく超えてくる感染症へ対応するためには、国際協力対応が不可欠であり、地理的空白はあってはならない。WHO憲章の前文にも「人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとって基本的人権のひとつである」と掲げており、保健衛生分野の豊富な知見・経験を持つ台湾の参加は不可欠であり、今般新型コロナウイルス感染症拡大防止の為にも、各国との連携が求められる。日本と台湾の発展のためにも、台湾がWHO及びICAOへの継続的に参加することを支持する。