台湾週報 (台湾に関する日本語ニュース)


美濃のご当地野菜「水蓮菜」

高雄市の郊外に位置する美濃。ここには客家系住民が多く暮らし、個性豊かな文化が形成されています。農業が盛んな土地でもあり、周辺にはのどかな田園風景が広がっています。ここの特産として知られるものの一つに「水蓮菜」と呼ばれる野菜があります。これは別名「野蓮菜」とも呼ばれ、和名は「タイワンガガブタ」と言います。沼地や池で細長く伸びる水草で、全長3メートル近くあります。農家の人たちはウエットスーツを着用し、胸のあたりまで水に浸かりながら収穫します。見ているだけでもかなりの重労働であることがわかります。古くは市街地の北西部にある美濃湖(中正湖)に自生していた水蓮菜ですが、現在は品種改良が進み、ため池で栽培されることが多くなっています。現在は生産量も増え、台北をはじめ、北部でも流通するようになりました。水蓮菜は茎の部分のみを炒めて食べます。シャキシャキとした不思議な歯ごたえがやみつきになります。美濃を訪れたらぜひ味わってみたい野菜です。

台北駐日経済文化代表処 緊急時のホットライン
(080-1009-7179/080-1009-7436)

■  2019年 第3週 目次
中国がアップルなどに「台湾」の表記変更強要、外交部は強く非難(1/18)
大膽島観光が3月に解禁、かつての戦地が新たな時代に(1/17)
大膽島観光が3月に解禁、かつての戦地が新たな時代に(1/17)
蔡総統の談話、EU、英議会、欧州議会、ベルギー議会が相次いで支持(1/15)
游錫堃・元行政院長が東京都内で講演(1/15)
台湾文化センターで台湾文学翻訳家・天野健太郎さんを偲ぶ会が開催(1/15)
蘇貞昌氏、総統府で行政院長就任の宣誓(1/14)
■  2019年 第2週 目次
内閣総辞職、蔡総統は蘇貞昌氏を行政院長に任命(1/11)
立法院で政府予算案可決、台湾語チャンネル開設も承認(1/11)
衛武営国家芸術文化センター、英紙が2019年に訪れるべきスポットに選出(1/11)
昨年1~11月に台日間を往来した旅行客数は約625万人(1/11)
海外の学者・専門家44名、台湾住民に宛てた公開状(1/9)
駐日代表処公邸で中華民国108年(2019年)新年会が開催(1/8)
蔡総統、海外メディアとの懇親会で台湾のための発言を期待(1/7)
【 お 知 ら せ 】
「顔真卿-王羲之を超えた名筆-」展(1/16~2/24東京国立博物館)
日本人の台湾に対する意識調査結果 2018年
「アフリカ豚コレラ」への防疫規定および罰則
ラジオNIKKEI第1「21世紀の台湾と日本(25)~台湾の“花と華”を訪ねて~」
日本感染德國麻疹人數有擴大趨勢,請國人旅日期間注意
地球温暖化問題に対する台湾の取り組みを紹介する短編動画『大地との約束』
高雄観光を紹介する日本語版ビデオ公開中
「2018台中世界花卉博覧会」のホームページ開設
台湾の「新南向政策」情報、ウェブサイトで配信サービス
「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に向けて、動画『An SDG A Day』を公開
台湾の医療がベトナムの女の子を助けた短編映像「ロアンちゃんの作文」を公開
世界の医療から誰一人取り残さない「leave no one behind」サイト開設
外国人専門職の来台「求職ビザ」申請について
台湾で過ごすワーキング・ホリデー、役立つ情報が外交部ウェブサイトに掲載
台湾起業ビザ申請「Taiwan: Second hometown for startups!」
郵便物などの免税額が2千台湾元以下に修正(2018年1月1日より)
台湾での通関業務、旅客に関する出入国規定、税金に関する情報
犬・猫の日本から台湾への輸入検疫規定の手続き
台湾「洗錢防制法」の改定により税関申告対象も拡大(2017年6月28日~)
「台湾光華雑誌」ウェブ版で台湾の文化や最新情報を紹介
台湾の宗教文化を紹介したPR映像と情報をウェブサイト上で公開
「潮台湾(Trending Taiwan)」――台湾の最新情報をビデオで紹介
最新の台湾を紹介するビデオ映像をウェブサイト上で公開
台湾の国連気候変動枠組条約(UNFCCC)参加にご支持を
台湾のICAO参加の必要性がわかる「飛行」(Flight Pattern)
台湾にビジネスチャンスと発展を求める人材、企業、投資家を歓迎「Contact Taiwan」
中華民国(台湾)における南シナ海判決関連の報道
中華民国(台湾)の太平島の紹介ビデオ
教育部外国人訪台短期研究奨助補助要点
駐日代表処の「旅日僑民緊急連絡網」へご登録を
外交部が「在外国民安否確認伝言板」を開設
活動フォト
台湾の街角から
本誌記事の他刊行物への転載を歓迎します。転載される場合は、本誌から転載の旨を明記の上、掲載紙(誌)を3部必ず当社あてにご送付願います。ただし、他紙(誌)からの転載記事の再転載は固くお断りします。(台湾週報)
〒108-0071 東京都港区白金台5-20-2 台湾週報 編集部宛