台中アリーナのデザインコンペ、隈研吾氏デザインが優勝

台中アリーナのデザインコンペ、隈研吾氏デザインが優勝

img20200721120141335_800

 台湾中部・台中市都市発展局は20日、同市で建設予定の「台中巨蛋(台中アリーナ)」の国際デザインコンペ二次審査の結果、日本の隈研吾建築都市設計事務所と台湾の九典聯合建築師事務所によるJV(設計共同体)が優勝したことを明らかにした。

 「天空の廻廊、アスレチックパーク、世界のランドマーク、市民の憩いの場」を主軸としたデザインで、台中アリーナを周辺環境との融合や地域密着の象徴とし、末永い活用を目指すもの。

 台中市は5月14日に一次審査を実施し、隈研吾建築都市設計事務所と九典聯合建築師事務所の設計JVを含む5組の作品の入選を発表していた。台中市は8月5日から15日まで、大墩文化センターでこれら5組の建築模型と関連の図面を展示する「台中巨蛋競図成果展」を開催する。

Taiwan Today:2020年7月22日

写真提供:台中市提供、中央社