居留査証

◆居留査証◆
適用対象:
雇用(赴任)、投資、家族呼び寄せ(配偶者、未成年者)、宗教活動、留学などの目的で中華民国に6ヶ月以上の滞在を必要とする方。

................................................................................

一、雇用(赴任)、投資
1、旅券及びその写し1通:申請時に残存期限が6ヶ月以上
2、一般ビザ申請書1通(本人の旅券と同じ署名が必要)
◎2012年4月から申請書はウェブサイトで作成することになりました。
専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出すること。

3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの)
4、中華民國官庁(勞動部或いは經濟部投資審議委員會)許可書原本とその写し1通
◎雇用:勞動部 電話:台北02-2380-1707
◎投資:經濟部投資審議委員會 電話:台北02-3343-5700
5、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)
6、所要日数:翌日発行(休館日を除く)(状況によりそれ以上の日数を要する場合もある)

◎即日発給を希望する場合は、要午前中申請。査証特別扱い料金として手数料50%増し。状況により即日発行が出来ない場合もある。
◎査証申請は本人または代理人が直接窓口にて申請すること。代理申請の場合は代理人の身分証明書とその写し(パスポートまたは免許証またはマイナンバーカード)が必要。郵送申請は不可。

............................................................................................

二-一、家族の呼び寄せ(呼び寄せ人が外国人の場合)
1、旅券及びその写し2通:申請時に残存期限が6ヶ月以上
2、一般ビザ申請書1通(本人の旅券と同じ署名が必要)
◎2012年4月から申請書はウェブサイトで作成することになりました。
専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出すること。

3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの)
4、日本の戸籍謄本1通(発行日から3ヶ月以内のもの)及びその写し2通
◎戸籍謄本の認証が必要、ビザ申請と同時に受け付けます。
5、呼び寄せ人の台湾「外僑居留証(ARC card)」の両面コピー1部
「外僑居留証(ARC card)」は有効期限が6ヶ月以上あるもの。
(但し、呼び寄せ人と同時申請する場合は、代わりに人数分の中華民國官庁の許可書コピーが必要)
6、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)
7、所要日数:翌々日発行(休館日を除く)(状況によりそれ以上の日数を要する場合もある)

◎査証申請は本人または代理人が直接窓口にて申請すること。代理申請の場合は代理人の身分証明書とその写し(パスポートまたは免許証またはマイナンバーカード)が必要。郵送申請は不可。

..............................................................................................

二-二、家族の呼び寄せ(呼び寄せ人が本国人の場合)
1、旅券及びその写し2通:申請時に残存期限が6ヶ月以上
2、一般ビザ申請書1通(本人の旅券と同じ署名が必要)
◎2012年4月から申請書はウェブサイトで作成することになりました。
専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出すること。

3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの)
4、台湾の戸籍謄本1通(発行日から3ヶ月以内のもので、全戸の戸籍謄本。記事欄が省略されておらず、婚姻登録、配偶者の国籍及び外文姓名が記載されていること。)
◎「戸口名簿」ではありませんので、ご注意ください。
5、日本の戸籍謄本1通(発行日から3ヶ月以内のもの)及びその写し2通
◎戸籍謄本の認証が必要、ビザ申請と同時に受け付けます。
6、無犯罪証明書1通(発行日から3ヶ月以内のもの、開封厳禁)
7、健康診断書1通
◎検査受けて3ヶ月以内のもの
◎病院のフルネーム印が必要
◎健康診断書は所定フォームを利用して、行政院衛生福利部指定の病院または日本の病院、医院に検査を受け作成してもらうこと
8、呼び寄せ人の旅券写し1通(申請者が未成年者の場合は父母双方の旅券写し各1通)
9、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)
10、所要日数:翌々日発行(休館日を除く)(状況によりそれ以上の日数を要する場合もある)

◎未成年申請者の両親が離婚している場合は、申請者の親権を証明するものが必要。
◎査証申請は本人が直接窓口にて申請すること。

................................................................................................

三、留学(大学、修士、博士課程)
1、旅券及びその写し1通:申請時に残存期限が6ヶ月以上
2、一般ビザ申請書1通(本人の旅券と同じ署名が必要)
◎2012年4月から申請書はウェブサイトで作成することになりました。
専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出すること。

3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの)
4、留学先の学校の入学許可書原本とその写し1通
(大学以下の高校、中学の留学については電話でお問い合わせください。
電話:03-3280-7800内線7番)
5、健康診断書1通
◎検査受けて3ヶ月以内のもの
◎病院のフルネーム印が必要
◎健康診断書は所定フォームを利用して、行政院衛生福利部指定の病院または日本の病院、医院に検査を受け作成してもらうこと。
6、現在所属する学校の在学証明書1通(交換留学の場合、発行日から3ヶ月以内のもの)
7、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)
8、所要日数:翌日発行(休館日を除く)(状況によりそれ以上の日数を要する場合もある)

◎即日発給を希望する場合は、要午前中申請。査証特別扱い料金として手数料50%増し。状況により即日発行が出来ない場合もある。
◎査証申請は本人または代理人が直接窓口にて申請すること。代理申請の場合は代理人の身分証明書とその写し(パスポートまたは免許証またはマイナンバーカード)が必要。郵送申請は不可。

※就学(外国人留学生・華僑生)、語学研修、実習などの来台目的の方に関しては、必ず渡航前に目的に合ったビザを取得してください。ノービザやランディングビザまたは目的とは異なるビザで入国した場合には、台湾現地の外交部領事事務局ではビザの切り替えが出来ません。その場合には、一旦出国し在外公館にて適切なビザを申請する必要があります。

................................................................................................

四、宗教活動
1、旅券及びその写し2通:申請時に残存期限が6ヶ月以上
2、一般ビザ申請書1通(本人の旅券と同じ署名が必要)
◎2012年4月から申請書はウェブサイトで作成することになりました。
専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出すること。
3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの)
4、最高学歴の卒業証明書
5、日本で所属の宗教団体登記簿謄本、印鑑証明書
6、日本で所属の宗教団体からの派遣書及び履歴書
◎履歴書:聖職歴の詳細及び2年以上の聖職活動に従事した経歴の説明が必要である。
7、中華民国における教会または宗教団体の招聘状
8、日本の無犯罪記録証明書1通(開封厳禁)
9、健康診断書1通
◎検査を受けて3ヶ月以内のもの
◎病院のフルネーム印が必要です
◎健康診断書は所定フォームを利用して、行政院衛生福利部指定の病院または日本の病院、医院に検査を受け作成してもらうこと。
10、招聘する宗教団体の中華民国における法人登記証書
11、査証手数料(本国に照会するため、別途電報代を請求する頂く場合がある)(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)

※1. 提出する書類はすべて発行日から3ヶ月以内のもの。
2. 履歴書及び派遣書はそれぞれ事前に公証人役場にて公証して下さい。ビザの申請と同時に認証手続きを行いますので、別途認証手数料がかかります。
3. 本国から許可が降りた後ハガキにてご連絡します。
パスポートと査証手数料を持参し、窓口にお越し下さい。ビザの発給はその翌日(休館日を除く)になります。

◎査証申請は本人が直接窓口にて申請すること。

................................................................................................

五、起業家
1、旅券及びその写し1通:申請時に残存期限が6ヶ月以上
2、一般ビザ申請書1通(本人の署名が必要)
◎2012年4月から申請書はウェブサイトで作成することになりました。
専用ウェブサイト(https://visawebapp.boca.gov.tw)にアクセスして個人情報をオンライン登録し、PDF形式のビザ申請書(一式二枚)をプリントアウトの上、署名欄にパスポートと同じ署名をし、必要な書類を添付して窓口に提出すること。

3、証明写真2枚(3.5cm x4.5cm、申請日前6ヶ月以内に撮ったもの)
4、最高学歴(高等学校以上)の卒業証明書及び成績証明書の原本(発行日から3ヶ月以内のもの)とその写し1通
5、経済部投資審議委員会が規定する書類
経済部の「外國人來臺申請創業家簽證資格審查處理要點」をご参照下さい。
<http://www.moeaic.gov.tw/system_external/ctlr?PRO=LawsLoad&id=79>
經濟部投資審議委員會 電話:台北02-3343-5700
6、査証手数料(「旅券、査証、証明関係手数料」のページ参照)
7、所要日数:本国から許可が降りた後ハガキにてご連絡します。パスポートと査証手数料を持参し、窓口にお越し下さい。ビザの発給はその翌日(休館日を除く)になります。

※注意事項
1. 居留ビザで台湾に入国後、15日以内に居住地の內政部入出國及移民署所属のサービスセンターで外僑居留證(裏は再入国許可證となっている)を申請して下さい。
2. 外国の方のビザ申請、居留手続き、就労、教育、稅務関係、健康保險の詳しい情報については「台湾における外国人生活情報ホームページ」
http://www.iff.immigration.gov.twをご利用下さい。
3. 內政部入出國及移民署所属のサービスセンターは以下のホームページを確認して下さい。
內政部入出國及移民署網址為:http://www.immigration.gov.tw/lp.asp?ctNode=29682&CtUnit=16452&BaseDSD=108&mp=1
電子郵件信箱為: boi@ms1.immigration.gov.tw